NIIGATA TEACHERS' UNION
新潟県教職員組合
新教組
かがやく子どもたちの未来のために、夢と希望にあふれた教育の実現を!  TOPへ ホーム    問い合わせ お問い合わせ
● 新教組って何?
├ 新教組の概要
├ 新年の挨拶
├ 新教組運動方針
├ 組織紹介
└ 専門部紹介
● 新教組のとりくみ
├ とりくみの様子 16年度
├ とりくみの様子 15年度
● 組合Q&A
● 地図
● 顧問弁護士制度
● その他
├ サイトポリシー
├ 個人情報の取り扱い
└ リンク集


新潟県教職員組合会館
新潟県教職員組合>年休は最大で10日間!


年休は最大で10日間!

臨時採用教職員にも年休の権利があります。

臨時教職員・非常勤講師ともに最大で10日(採用期間が6月超〜12月以内)となっています。

採用期間が5月超〜6月以内の場合では、臨時教職員は6日、非常勤講師は5日のみです。しかも1日でも任用が切れると、残日数の繰り越しは認められません。

 例えば、ある臨時採用教職員が学級担任をしていて、4月から7月の任用で4日の年休があり、2日の残日数があった場合、8月末からの任用で付与された年休に繰り越すことはできません。

 任用が切れても1年間、学級担任をする見通しがある場合など、臨時採用教職員からすれば納得いかないことではないでしょうか。

 私傷病休暇の権利もありますが、採用期間6月以上の場合のみで10日以内(無給)という条件がついています。

 現場を支える臨時採用教職員が安心して働くためには、離職期間の短縮はもちろん、休暇等の制度の拡充も求めていかなければなりません。