NIIGATA TEACHERS' UNION
新潟県教職員組合
新教組
かがやく子どもたちの未来のために、夢と希望にあふれた教育の実現を!  TOPへ ホーム    問い合わせ お問い合わせ
● 新教組って何?
├ 新教組の概要
├ 新年の挨拶
├ 新教組運動方針
├ 組織紹介
└ 専門部紹介
● 新教組のとりくみ
├ とりくみの様子 16年度
├ とりくみの様子 15年度
● 組合Q&A
● 地図
● 顧問弁護士制度
● その他
├ サイトポリシー
├ 個人情報の取り扱い
└ リンク集


新潟県教職員組合会館
新潟県教職員組合>臨時採用の様々な任用について


臨時採用の様々な任用について

臨時採用教職員といっても様々な任用があります。

臨時教職員には産休・育休代替や欠員補充の他、教育復興加配などがあります。非常勤講師には、免許外担当解消、初任者研修、小学校6学級校級外未配置校、新学習指導要領対応などの任用があります。

 これらはいずれも県費負担の臨時採用教職員ですが、学習補助員や学習支援員、介助員など市町村費の臨時採用教職員も増えています。

 ただ、市町村費の臨時採用教職員の場合、給与などの設定が各市町村によって異なるのが現状です。
より条件のいい市町村の非常勤講師を希望することもあると聞きます。また、新教組が市町村教委交渉で給与改善を勝ち取った例もあります。

非常勤講師は任用が様々あることから、「自分の勤務終了時刻が理解されていなく不愉快な思いをしたことがある」「自分の任用に当てはまらない業務を頼まれると困る」といった声があります。

お互いが気持ちよく仕事をするためにも、ともに働く臨時採用教職員がどういった任用なのか、よく理解していきましょう。