NIIGATA TEACHERS' UNION
新潟県教職員組合
新教組
かがやく子どもたちの未来のために、夢と希望にあふれた教育の実現を!  TOPへ ホーム    問い合わせ お問い合わせ
● 新教組って何?
├ 新教組の概要
├ 新年の挨拶
├ 新教組運動方針
├ 組織紹介
└ 専門部紹介
● 新教組のとりくみ
├ とりくみの様子 16年度
├ とりくみの様子 15年度
● 組合Q&A
● 地図
● 顧問弁護士制度
● その他
├ サイトポリシー
├ 個人情報の取り扱い
└ リンク集
新潟県教職員組合>専門部紹介>障害児学校部 14年度の課題・抱負・メッセージ

◆仲間へのメッセージ


障害者権利条約が今年1月にようやく批准されました。
条約は、障害者とその家族の厳しい現状を認識し、同年齢の市民と同等の権利として、「障害に基づくいかなる差別もなしに、全ての障害者のあらゆる人権及び基本的自由を完全に実現すること」を約束しています。
今後、政府の解釈で歪められる危険性はありますが、合理的配慮がさらに重要になってきます。

これまで県教委交渉の中で、エレベーターがなく、車いすの児童生徒を教職員が持ち上げて移動している実態を、「合理的配慮をしていない」として厳しく追及し、各学校でエレベーター設置が実現してきています。

私たちの主張により運動は前進しています。そのことに確信をもち、今年度も運動を進めていきましょう。みなさんの声をお寄せください。