NIIGATA TEACHERS' UNION
新潟県教職員組合
新教組
かがやく子どもたちの未来のために、夢と希望にあふれた教育の実現を!  TOPへ ホーム    問い合わせ お問い合わせ
● 新教組って何?
├ 新教組の概要
├ 新年の挨拶
├ 新教組運動方針
├ 組織紹介
└ 専門部紹介
● 新教組のとりくみ
├ とりくみの様子 16年度
├ とりくみの様子 15年度
● 組合Q&A
● 地図
● 顧問弁護士制度
● その他
├ サイトポリシー
├ 個人情報の取り扱い
└ リンク集

とりくみの様子一覧>平和を守る思い揺るがず


平和を守る思い揺るがず


戦後70年―。
この夏私たちは戦争の悲惨さや平和の尊さを絶えず学び続け、子どもたちに伝えていかなければならないと様々な活動を行いました。

広島・長崎派遣・長岡平和祈願祭…。また、「戦争法案」廃案に向けて、各支部で怒りの緊急集会を展開しました。




青年教職員広島・長崎派遣に参加した一人は被爆者のお話やフィールドワークを通して、「当時の様子をイメージすると、恐ろしさで体が震えた。いかに戦争が無意味で悲惨なものであるかを学び、子どもたちに伝えていかなければならない。」と述べています。

 また、平和祈願祭の参加者からは、平和像の碑文に刻まれた「ここ長岡に投下された数千の爆弾は いたいけな280余の命さえうばった。その霊をなぐさめる道は一すじに平和をまもり、戦争をなくすることだ」を引用し、だからこそ、日本は武力によらない平和づくりに英知を結集すべきと訴えています。

各支部で「戦争法案」廃案に向けての「怒りの緊急集会」を展開しました。

不滅のスローガン「教え子を再び戦場に送るな」の声は、日増しに広がっています。今後も戦争法案反対の世論に高めていきましょう。