NIIGATA TEACHERS' UNION
新潟県教職員組合
新教組
かがやく子どもたちの未来のために、夢と希望にあふれた教育の実現を!  TOPへ ホーム    問い合わせ お問い合わせ
● 新教組って何?
├ 新教組の概要
├ 新年の挨拶
├ 新教組運動方針
├ 組織紹介
└ 専門部紹介
● 新教組のとりくみ
├ とりくみの様子 16年度
├ とりくみの様子 15年度
● 組合Q&A
● 地図
● 顧問弁護士制度
● その他
├ サイトポリシー
├ 個人情報の取り扱い
└ リンク集

とりくみの様子一覧>統合に向けて説明会開催 〜北魚・中魚・南魚支部〜


統合に向けて説明会開催 〜北魚・中魚・南魚支部〜


1月8日、11日、12日の3日間、組合員と組織課題を共有し、支部統合への合意形成を図るため、新支部再編説明会・意見交換会を三魚沼支部で開催しました。


新教組は、第190回定期大会の決定に基づき、北魚・中魚・南魚の3支部について、17年度末の統合に向けた検討を進めています。


新支部再編説明会・意見交換会では、本部から人口減少に伴う児童生徒数の減少や学校統廃合が新教組に与える影響を述べ、健全な財政確立のために歳出の見直しを進めていることを報告しました。

また、09年の組織機構整備委員会答申に基づき設置された新支部再編協議会での議論について説明した上で、統合に向けた検討を進めていることへの理解を求めました。


魚沼3支部の各書記長からは、交流拡大、役員選出の負担軽減、スケールメリットを生かした取組への期待があげられた一方で、広域化による諸会議会場までの遠距離化、書記局の丁寧な対応の維持、組合員の意識の低下への不安について指摘がありました。


小グループに分かれて行った話し合いでは、参加した組合員から「冬の移動が心配」「統合後の書記局をどこにするのか」といった不安や疑問の他、「分会会議をしっかり開くことで意識の低下は防げる」「支部独自の取組を展開することで、組合に求心力が生まれる」といった意見も出されました。


これまでの検討をもとに、2月19〜20日に開催する第191回定期大会で、魚沼3支部の統合について正式に提案します。

支部統合についての意見や疑問などがあれば、遠慮なく支部・本部まで寄せてください。